5b8b26b0f59ad310e08391d823c4fcb7_m

ゼオスキンヘルスとは

ニューダームからゼオスキンへ

専門の皮膚科医の下で行なうメディカルスキンケア。

その代表的な存在として知られるオバジ・ニューダーム・システムがあげられます。

そして、このごろではこのオバジ・ニューダーム・システムをさらに一歩進めた存在として、
ゼオスキンヘルスと呼ばれるメディカルスキンケアが取り入れられることが増えているといいます。

ゼオスキンヘルスの特徴的な考え方として「ゼオスキンヘルスサークル」と呼ばれるものがあります。

これは、肌のお手入れをサークル状にして表したもので、
THERAPEUTIC(治療)
→MAINTENANCE(メンテナンス)
→DAILY SKIN CARE(毎日のケア)
→PROTECTION(保護)という4つのステップで表されます。

これまで皮膚科でのスキンケアというと、
気になる肌トラブルが終了すれば、それでケアも終了というようなイメージがありましたが、
ゼオスキンヘルスの場合は、治療はもちろんですが、
その後のメンテナンスやデイリーケア、予防に至るまでしっかりとしたスキンケアサポートが考えられているため、
生涯を通じて使い続けることができるスキンケアの方法と考えることができるのです。

 

ゼオスキンのプログラム

ちなみにゼオスキンヘルスのスキンケアには、
基本的にプログラムが6つあります。

もっとも多く行われるのはダメージを受けている肌の諸症状を改善するところからはじめる「セラピューティックプログラム」と呼ばれるものと思われます。

ゼオスキンの洗顔料、美白クリーム、美容クリーム、日焼け止めなど全部で7種類ほどの製品を使って行なっていくセラピューティックプログラムですが、
皮膚科医の指導のもと、使うアイテムを増やしたり、減らしたりといった対応をしながら、
柔軟にプログラムが進められていきます。

セラピューティックプログラムのほかにも、
美肌を維持するためのデイリースキンケアプログラムや、
トラブルを未然に防ぐプロテクションプログラムなどもありますから、
どんな肌の人でもゼオスキンヘルスをはじめることができるのです。